HOME > 花マルブログ > 花マル塾の一コマ > あめんぼは 赤いのか

花マルブログ

< 「る」のちから   |  一覧へ戻る  |  七夕 >

あめんぼは 赤いのか

こんにちは、原です。
 
 
とある国語の授業での出来事。
 
小学3年生の子たちと、北原白秋の五十音(あめんぼ 赤いな あいうえお から始まる、口の体操としてよく使われる詩)を音読していました。
 
音読は目や口、耳を使うので脳を活性化させるので、
国語の時間には積極的に取り入れることにしています。
 
口の体操として使われているこの詩で
まずは音読に慣れてもらおうという目的で私はこの詩を使用しました。
初めて聞く言葉も多いのでは、と思い、
自分がまず音読をして、その後に続いて子供たちが音読することにしました。
 
「私の後に続けて言ってね。」
「はーい!」
 
「じゃあいくよ、あめんぼ あかいな あいうえお」
私がまず、最初の一文を読みました。
すると、子供たちは突然ケラケラと笑い始めたのです。
 
何が面白いのか、さっぱりわからなかった私は
戸惑いつつ、先に進みます。
 
「かきのき、くりのき、かきくけこ」
読み進めていくほど、子供たちはどんどん笑いが止まらなくなり、
読み終えた頃には「先生、笑いすぎておなか痛い!」なんていう始末。
 
 
あまりにも楽しそうだったのがうらやましくなってしまい、
どこが面白いの?と聞いてみました。
 
すると
「あめんぼは赤くないから!!」
「なんかわかんないけど先生が読んでいるのを聞いてると面白い!!!」
とのこと。
 
確かにあらためて考えてみると、
あめんぼは黒っぽいイメージだし、
音読してみると楽しい響きのものや、面白い言葉がたくさん出てきます。
 
 
私は口の体操というツールとしてこの詩を見ていたのですが、
私よりずっとこの子たちの方が
詩をよく鑑賞しているし、言葉を純粋に楽しんでいるということが
わかりました。
子供たちの豊かな感受性に完敗です…(;・∀・)
 
 
教えている立場のようで、教わることもたくさんあるのだなぁと感じた一日でした。
これからこの子たちといろんな詩や文章を読むのが楽しみです。
 

人気記事ランキング

第2位

花マル塾の授業紹介動画
2020/04/25
花マル塾の授業紹介動画
花マル塾の授業を、動画でご紹介いたします。 雰囲気を少しでも感じ取っていただけたら幸いです。 授業風景紹介 国語の授業で、生徒たちが話し合う様子をご紹介しています。 正しい自己紹介? 中1の英語の授業サンプルです。 マイクロロボット 花マル塾に置いてある、頭を使うゲームのご紹介です。 ぜひ一緒に、考え...

第3位

特別ページへのご招待
2015/11/16
特別ページへのご招待
花マル塾のサイト内に隠された 『秘密のページ』 あなたは たどり着けるでしょうか? https://www.hanamaru-jyuku.com/tokubetu/entry/〇〇〇 上のURLの、○〇〇の部分に答えを入力して、 そのサイトに行くと、 秘密のペー...

カテゴリ:

< 「る」のちから   |  一覧へ戻る  |  七夕 >

同じカテゴリの記事

体験授業の申し込みはこちらより

このページのトップへ