HOME > 花マルブログ > トークルーム > うまく褒める「コツ」は?

花マルブログ

< 魔法のシール  |  一覧へ戻る

うまく褒める「コツ」は?

IMG_9227_600.jpg 
~授業後~
 
丸:今日の授業はいかがでしたか?

岡:今日は、全体的にスムーズに進められたと思います。
けれど、まだまだだな、と思うところがあります。例えば、丸山先生を見てると、褒めるのがうまいなーと思うことが多くあります。

丸:そうですか?

岡:はい。子供たちの反応が違います。何か、褒め方のコツってあるんですか?

丸:んー。こどもってすごいから、無理して褒めてたら、見破られちゃうと思うんです。

岡:あ、確かにそうかもしれませんね。

丸:だから、褒めるためには、本心で「すごい!」って思ったことだけを褒めるようにしてます。

岡:へー!そうなんですか!?けれど、本心で「すごい!」って思うのって、すごいですよね!(笑)
本心から褒めるためのコツとかってありますか?

丸:褒めるためには、生徒をよく見ている、ってことが大切だと思います。

岡:といいますと?

丸:たとえば、一人の子が、さっきまである問題を苦労していたことを見ていたら、解けたときに「あ、その問題出来たんだね!すごい!」って言えますよね。
けれど、その苦労の過程を見ていなかったら、そこまで気持ちは込められないと思います。

岡:なるほど!

丸:生徒が解いているところをよく見ていると、試行錯誤の過程とか、考え方とか、その子の「がんばり」が、本当に良く分かります。

岡:なるほど。つまり、、、よく見ていると、「自然と気持ちがこもる」ということですか?
 
丸:その通りです! 頑張ってる姿を見ていれば、おのずと、心から褒める言葉が出てきます。
 
岡:生徒の頑張っている姿、もっとよく見てみます。

丸:私も岡本君の頑張り、いつも見ていますよ。(笑)

岡:ありがとうございます!

人気記事ランキング

第2位

花マル塾の授業紹介動画
2020/04/25
花マル塾の授業紹介動画
花マル塾の授業を、動画でご紹介いたします。 雰囲気を少しでも感じ取っていただけたら幸いです。 授業風景紹介 国語の授業で、生徒たちが話し合う様子をご紹介しています。 正しい自己紹介? 中1の英語の授業サンプルです。 マイクロロボット 花マル塾に置いてある、頭を使うゲームのご紹介です。 ぜひ一緒に、考え...

第3位

特別ページへのご招待
2015/11/16
特別ページへのご招待
花マル塾のサイト内に隠された 『秘密のページ』 あなたは たどり着けるでしょうか? https://www.hanamaru-jyuku.com/tokubetu/entry/〇〇〇 上のURLの、○〇〇の部分に答えを入力して、 そのサイトに行くと、 秘密のペー...

カテゴリ:

< 魔法のシール  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

体験授業の申し込みはこちらより

このページのトップへ