HOME > 花マルブログ > 国語講師のWeb草紙 > 時間の感覚って大事です。

花マルブログ

< あこの花マル体験記#4 保護者会  |  一覧へ戻る  |  ブラッシュアップ。 >

時間の感覚って大事です。

小6の国語担当の大久保です。
主に、公立中高一貫校をめざす子どもたちに国語を教えています。

今日は、時間の大切さについて、です。

小学校の授業時間は、45分から50分。
適性検査も45分で行われます。
同じ時間でも、授業を受けている時間と
自分で問題を解いている時間とでは、感覚が違います。
問題を解いている時間は、とても短く感じられるのです。

どんなに優秀な子でも、この45分内に問題が解けなければ、
適性検査で高い得点を取ることはできません。
本当は分かっていた問題でも、時間のプレッシャーに
おされて出来なかったという例は多いようです。

花マル塾では、子どもたちに問題を解いてもらうとき、
必ず時間を設定しています。
だから、タイマーも沢山用意されています。

DSC_1480.jpg

ボクシングの選手は、1ラウンド3分という感覚を
身体に沁みつかせるため、ハードな練習を3分単位で
行なっている、と聞いたことがあります。
花マル塾でも、子どもたちが45分間で全力を尽くせるように
日ごろから習慣づけているのです。

もちろん、問題を解く以外の時間は、じっくりと指導をして、
子どもたちの理解を深めています。

ここからは、ちょっと「企業秘密」になってしまいますが、
適性検査で必ず出題される「作文」にも、かけて良い時間の
目安があります。その時間配分をどうするか。
それも、日ごろから子どもたちに教えています。

制限されたテスト時間内で、子どもたちが最高のパフォーマンスを
発揮できるように、今日も、指導を続けています。




人気記事ランキング

第1位

【トークレポート①】 <br/>100m走より、おにごっこをやりましょう!
2015/11/16
【トークレポート①】
100m走より、おにごっこをやりま...

グリ:こんにちは、広報ジャーナリストの福満“グリズリー”ヒロユキです。今日はお時間頂き誠に有難うございます。 丸山:いえいえ、こちらこそ。わざわざ八王子の花マル塾までお越しいただき感謝です。 グリ:まずはお伺いしないと始まりませんからね!(笑) 早速ですけどお話しをお伺いしてゆきたいので...

第2位

【トークレポート②】 <br/>あったかホールの階段の長さ
2015/11/16
【トークレポート②】
あったかホールの階段の長さ

グリ:こんにちは、広報ジャーナリストの福満“グリズリー”ヒロユキです。取材はまだまだ続きますよ!(笑) 丸山:ええ、楽しみにしておりますよ(笑)。 グリ:算数でいうと他にどんなユニークな教え方があるんですか? 丸山:そうですね。地元にあるモノや身近なモノを使って生徒たちに興味を持っても...

第3位

2015/11/16

花マル塾のサイト内に隠された『秘密の対談ページ』 あなたは見つけられるでしょうか? ※サイト内のどこかをクリックすると隠しページが開きます。  

カテゴリ:

< あこの花マル体験記#4 保護者会  |  一覧へ戻る  |  ブラッシュアップ。 >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ