HOME > 生徒の声

生徒の声

都立国立、中大付属 高校合格 ひよどり山中学校 YYさん

私にとって塾は、学校と同じくらい思い出深い場所です。
中学校3年間をこのメンバーと共に過ごすことができて、本当に良かったと思っています。
「私はこの皆と共に、勉強をしてきた」と胸を張って言うことができます。
本当に私は恵まれている環境で過ごすことができました。
先生、友達、場所、全てにおいて恵まれていました。本当に幸せだった三年間でした。
この塾は「大切な場所」です。後輩たちにも、そんな場所になってほしいと思います。
本当に大好きで、大切で、たくさんの思い出がつまった場所。ツラい時も、いっぱいあったけれど、それ以上に達成感や楽しい思い出で溢れています。
悪友との出会いもあり、勉強も苦痛ではありませんでした。
花マル塾に言えることはひとつだけです。

「本当にありがとう。大好きです。」

都立立川、国立高専、帝京 高校合格 八王子第一中学校 KSさん

私は、最初は塾に通うのがものすごく嫌でした。
なぜなら、遊ぶ時間もなくなるし、なによりも塾らしいあの静かな雰囲気が嫌でしかたがなかったからです。
本当に本当に嫌でした。お先真っ暗だと思いました。だけど、親に嫌だというのもなんだか気が引けたから、嫌だと思いながらもがんばって塾に行きました。
思っていたとおり、最初は静かで、塾らしさがあってすごく嫌でした。
でも、せっかく通うんだったら、せめて友達がほしいと思い、話しかけてみました。
そうすると、気が合いそうな人だということがわかり、楽しみになりました。
その後も、だんだんと人が増えていき、みんなおもしろい人ばっかりで、授業も先生が冗談を混ぜながら進んでいったので塾が楽しくなりました。
自分でもこんなに楽しく授業を受けられる日がくるなんて思ってもいませんでした。
花マル塾に入っていなければ、こんなに楽しい笑塾ライフを送れなかったと思います。
こんなに仲の良い塾はないと思います。学年関係なく、普通に話したり、塾のメンバーで遊びに行ったりしました。
塾らしい雰囲気があるのは、授業中と自習中だけです。
それが終わると、途端に塾らしい雰囲気がなくなります。
これこそメリハリのある生活ってやつです(笑)ここがいいところだと思います。
やるときは真剣にやって、ふざけていい時はとことんアホになるというね。
すばらしいですね。他の塾にはないところだと思います。
まぁ、私としては、ずっとふざけていてもいいんですけど、たぶん今のところカットですかね。
とりあえず、私が言いたいのは、楽しかったということです。夏期講習はつらいものがあったけど。
総合的に楽しかったです。ありがとうございました。

府中西高校合格 八王子第五中学校 MAくん

ぼくが花マル塾に入ったのは中二の冬のときだった。
ぼくは、ぜんぜん勉強ができなかった。最初は、ちょっとあきらめた時もあった。
でも、そこでくじけないで頑張った。だから、もし花マル塾にはいるとしたら、勉強できなくても、成績が悪くても最後までくじけずに頑張ってほしい。
そうすれば、絶対にいい中学や高校にいける。ぼくは、二年しかいい勉強できなかった。
だけど、たった二年ちゃんと勉強しただけでもまあまあの高校にいけた。
たまにくじけてもいい、だけどちゃんとあきらめずに最後まで頑張ってほしい。

共立女子第二(特進)高校合格 八王子第五中学校 MTさん

勉強なんてやりたくないと思っていた最中突然親に連れてこられた塾、その時はまったく努力をしたことが無かった。
塾に入ってからはみんな頭が良くて恐ろしかったし困っていた。
先生にも怒られていた。しかし、その怒ってくれた先生のおかげでやらなくちゃいけないと思えた。
そして塾のみんなが話しかけてくれて、塾が私にとって良い場所となった。
テスト勉強というものをみんな黙って一生懸命やっていた。私もみんなと同じように出来てたかはわからないけど、やっていた。
そして、返ってきたテストは全部過去最高点で、すごく嬉しかった。
それからは、今まであまり聞いてなかった学校の先生の話もきき、塾の方が進んでいて簡単なものとなった。
塾に入って自信がつき、塾が本当に楽しかった。
他の塾に通っている友達のほとんどは「塾は嫌い」と言っていたが、私は全然分からなかった。そして、中3最大の戦争、受験勉強が始まった。
受験勉強中はみんな毎日塾に来て勉強して、ご飯食べて勉強して、と辛かったけどみんなと一緒だったから頑張れた。投げ出す人は誰一人いなかった。
その努力が実り、花マル塾生は、全員高校生になることが出来た。
私の高校合格は、花マル塾のおかげです♡

和光高校合格 みなみ野中学校 MEくん

僕は花マル塾に2年の冬期講習から通いました。
入って直ぐは中々なじめず、いつも学校と違って静かにしていました。
しかし他の生徒や先生たちのおかげで少しずつなじんでいくことが出来ました。
塾にすっかり慣れると緊張感がなくなり時には先生から叱られる事もありましたが、それによって一歩確実に成長することができて僕の偏差値は上がっていきました。
夏になると、一気に勉強量が増えました。そして、夏休みにはほぼ毎日花マル塾に行っていました。
他の生徒たちも一段と勉強に集中しだし、先生たちも授業に熱が入り始めました。
僕は他の生徒たちや先生たちを見て、焦燥感にかられ、それまで以上に必死に勉強をするようになりました。
そのかいあってか、僕の偏差値は更に上がり続けました。
2年の時に比べると自分でも驚くほど上がり志望校をもっとレベルの高いところに変えました。
3年の2学期の期末テストの前もほぼ毎日塾に行きました。
塾には5教科以外の家庭科や保健体育などのプリントも用意してありました。
5教科は僕の苦手な問題を先生がプリントしておいてくれたので、それをやりました。
僕は3年の一学期の期末テストでほとんどの教科で平均点以下だったのに二学期の期末テストでは反対にほとんどの教科で平均点以上を取りました。
秋が過ぎて冬になると再び他の生徒たちや先生たちも夏のように勉強に熱が入り始めました。
花マル塾ではほぼ毎日過去問をやっていました。それはつまり、ほぼ毎日入試テストをやっているようなものだったので、みんな毎日ぐったりしていました。
でも、みんな一生懸命でした。だから僕も頑張ることが出来たんだと思います。
花マル塾での一年間は僕の人生の中で一番勉強した一年間でした。
花マル塾は入ったばかりの頃43だった僕の偏差値は一年後59になりました。
こんなに偏差値を上げることができたのは、花マル塾の先生たちのおかげです。
僕は、花マル塾の先生たちに勉強の楽しさや頑張ることの大切さを教わりました。
この一年間花マル塾で学んだことは一生忘れられない大切な思い出です。
丸山先生、芥川先生、本当にありがとうございました。

都立八王子東高校合格 八王子第一中学校 HSさん

花マル塾は、明るく楽しく学習が出来ます。
ただひたすらに問題をやるだけではなく、答えに辿り着くまでの過程も大切にしてくれます。
また、小テストなどで毎回こつこつと基礎力をかためることもできます。
先生方の授業は楽しく毎回無理することなくに行くことができました。
中学校生活の中で一番大きな壁となる受験も、クラスで団結してそれぞれの目標のために努力することが出来ました。
受験は焦りや不安、プレッシャーやストレスなど本当に多くの精神的負担があります。
だから絶対に一人では乗り越えられないと思うし、たくさんの人の支えがとても大切です。
花マル塾の先生方はそんな私たちのことをいつも支えてくれました。
時にはきびしいことを言われた事もありましたが、それも今思えばとても大切なことだったように思います。
このような先生方の指導で私は今、第一志望に合格することができました。
だから、私は今この花マル塾に入って本当に良かったと思っています。
これから先に受験を控えている方々にとってみれば、受験は経験のしたことのないものでたくさんの不安があると思います。
確かに受験は決して楽なものではありません。つらいし、苦しいし逃げたいと思うこともあるかもしれません。
しかし、苦しめば苦しんだ分だけ必ず結果は返ってくると思います。
だからこれから先、受験生になるみなさんもあきらめずに最後の最後まで頑張って下さい。

都立南平高校合格 八王子第五中 ISくん

僕は第一志望の都立高等学校に合格することができました。
それは、親や塾の先生方、友達などたくさんの人の支えがあったからだと僕は思います。
まず塾について、僕は中学一年生の冬まで塾がどんな所か、どんな風に授業をするのかまったく分かりませんでした。
生徒もみんな静かにただ黙々と勉強しているだけというイメージしかありませんでした。
でも塾に入ってみると全然そんなことはなくて友達もすぐできたし先生も優しくて毎週の授業が楽しかったです。
中学三年生になって一番悩んでいたのが進路でした。
特に学力を中心に選んでいたのですが先生と親に相談した結果、学力で選ばず自分の本当に行きたい高校を選んだほうがいいということに気づきました。
目標が決まるとあとはただひたすらがんばるだけでした。
今までは遊んでばっかりだったけど、極力勉強時間を増やし少しでも点数を上げようと努力しました。
外部模試を受けて自分の今の実力を知りながら努力しました。人生で一番勉強した時期だったので疲れましたが、そのおかげで見事合格することができました。
合格発表日の合格通知に書いてある自分の番号を見た瞬間自分の努力がむくわれたなぁと感じました。
受験という大きな壁を1つ乗り越えられたことで自分に自信を持つことができました。
親や先生方にはとても感謝しています。

1

このページのトップへ