HOME > 花マルブログ > 国語講師のWeb草紙 > 添削は、子どもたちへの提案です。

花マルブログ

< あこの花マル体験記#5  |  一覧へ戻る  |  あこの花マル体験記#6 >

添削は、子どもたちへの提案です。

小6国語担当の大久保です。

今回は、子どもたちの作文の添削についてお話します。
20181101122356-55b1bde08e8cae0ef36dadbc3c28e654db1443db.jpg

「添削」は、単にマル・バツをつけるだけではありません。
こう書いたら、もっと良くなりますよ、という提案のつもりで、
書いています。
だから、私の添削は、つい長い文章になってしまいます。

作文で、どうしても、一つのセンテンスが長くなってしまう子がいました。
「。」で文章を区切らず、100文字以上も文章を書き連ねてしまっていました。

これは、おそらく、学校などで、作文は「お話するように書けばすらすら書けるように
なりますよ」と教えてもらって、これまで、その通りに書いていたのでしょう。

「お話するように書く」
それは、作文を書く初歩としてはいいことだと思います。
しかしそれだと、この子のように、どうしても一つのセンテンスが長くなってしまう傾向があります。
適性検査では、ただ、400字を書き連ねるだけでは、高い得点は得られません。
文章の中身はもちろん、その書き方にも注意が必要です。

センテンスの長い子に、単に「一つの文章は、短く書くようにしましょう」と
注意するだけでは、進歩は望めません。
作文を見ながら、「ここで一旦、文章を区切れるよね」という具合に、
具体的に指導しています。
20181101123153-c6c2ae0164f739e030291d6bab6c33804b48034d.jpg

その子は、素直に聞いてくれました。
そして、その後、見違えるように短いセンテンスで
書けるようになりました。

作文は、量を書くことも大事でしょうが、ひとつひとつの作文の質を上げていく方が、
もっと大事なことだと思っています。

人気記事ランキング

第1位

【トークレポート①】 <br/>100m走より、おにごっこをやりましょう!
2015/11/16
【トークレポート①】
100m走より、おにごっこをやりま...

グリ:こんにちは、広報ジャーナリストの福満“グリズリー”ヒロユキです。今日はお時間頂き誠に有難うございます。 丸山:いえいえ、こちらこそ。わざわざ八王子の花マル塾までお越しいただき感謝です。 グリ:まずはお伺いしないと始まりませんからね!(笑) 早速ですけどお話しをお伺いしてゆきたいので...

第2位

【トークレポート②】 <br/>あったかホールの階段の長さ
2015/11/16
【トークレポート②】
あったかホールの階段の長さ

グリ:こんにちは、広報ジャーナリストの福満“グリズリー”ヒロユキです。取材はまだまだ続きますよ!(笑) 丸山:ええ、楽しみにしておりますよ(笑)。 グリ:算数でいうと他にどんなユニークな教え方があるんですか? 丸山:そうですね。地元にあるモノや身近なモノを使って生徒たちに興味を持っても...

第3位

2015/11/16

花マル塾のサイト内に隠された『秘密の対談ページ』 あなたは見つけられるでしょうか? ※サイト内のどこかをクリックすると隠しページが開きます。  

カテゴリ:

< あこの花マル体験記#5  |  一覧へ戻る  |  あこの花マル体験記#6 >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ