HOME > 成績アップの秘密 > ② 子どもの「自然な好奇心」を大切に。

成績アップの秘密

② 子どもの「自然な好奇心」を大切に。

「勉強が嫌い」という声は聴いたことがあります。

でも、勉強って、何かを「知ること」です。

そう考えると、何かを「知ることが嫌い」という子なんて、本当にいるのでしょうか?


花マル塾は、勉強を嫌いな子を絶対に見捨てません。

IMG_3372.JPG
本来、どんな子どもも「好奇心」にあふれているはずです。
ですからむしろ、そうした子どもたちの「自然な好奇心」を開花させ、
勉強への拒絶感をなくしてあげることに、やりがいと楽しさを感じます。
もちろん、その結果、その子の成績が上がっていくことは、言うまでもありません。

『筆算しないと1桁の足し算ができなかった小6(女子)が、6ヶ月連続90点以上!』
(模試偏差値36→62)

『単語を1つも読めなかった中1が、半年後には教科書の英文を暗唱!』
(中間テスト36点→81点)

『入塾時(小5女子)は大嫌いだった算数が、1年後には「一番好きな教科」になった!』

IMG_2465.JPG
こうした成績アップを可能にする秘訣。
それは、子どもの「自然な好奇心」に傷をつけないことです。
本来、「もっと知りたい」という気持ちは、人間なら誰でも持っています。
植物や動物、駅の名前など、興味のあることを覚えるのは楽しいものです。
それを「覚えなさい!」「なんで覚えられないの!?」と言ってしまったら・・・。
勉強への「拒絶感」をなくし、「自然な好奇心」をはぐくむことが、一番の近道です。

あふれんばかりの「好奇心」を、大切に育ててあげたいと、いつも思っています。

① 筋トレよりも、おにごっこ。

③ 勉強方法も教えています。

④ 世界の教育の良いとこ取り。

⑤ いいとこどりの個別+少人数制。


このページのトップへ